足の臭いは爪に雑菌が溜まることで問題になる

足の臭いは爪に雑菌が溜まることで問題になる

臭いは当然、鼻で感じる事なので、一番遠い所にある足の臭いというのは気が付きにくいものです。

 

ですが、かなり臭いを発する可能性がある部位ですからケアはしておかないと迷惑を掛けているかも知れません。体が柔らかくないと自分でチェックするのも大変です。まさか他人にチェックして貰う訳にもいきませんので。

 

汗や菌などに注意

 

足の臭いの原因は色々とありますが、意識出来る程に臭いが出るのは汗だったり雑菌だったりがほとんどです。なのでそれを断つことが出来れば臭いの心配はしなくて済むでしょう。それが難しいのですが。

 

ムれるような物は避ける

 

人間は汗をかく生き物ですから、それをかかない方法などはありません。しかしムれないようにする事が出来れば臭いは大幅に減らせます。分厚い靴下や裸足は汗をかくとすぐにムれてしまう
ので止めておきましょう。足にジャストフィットするような靴も、中が完全に密封されてしまいますからムれます。汗の面は自分でも分かるので回避もしやすいはずです。

 

足のつめは洗っているか

 

足の爪というのはなんでこんなに臭うのだろと思った人は多いでしょう。独特な臭いなので足の臭いとは違っていますが、あまり放置するとここに居る雑菌が問題になります。

 

菌が多くいてこにエサとなる汗があれば、どうなるのかは想像したくありません。ケアはそれほど大変ではなく、お風呂で体を洗う時に一緒にブラシなどで爪の間を洗うだけです。あまりやらないから臭うだけで特別足の爪に菌が溜まりやすい訳ではありません。洗っても洗っても臭いが取れない場合は石鹸などを控えた方が良いかも知れませんね。

 

その他では、食べ物、角質、ストレスなども大きいと言われています。悩んでいる人が多いせいか対策グッズなども種類が豊富で、また効果も高いのですが基本はやはり洗う事です。子供でもこれは同じですから、もしそうなら自分も確かめて見た方が良いです。同じような生活をしているはずですから子供に文句を言っている場合ではないですね。靴を洗ってないというのも臭いが非常に移るので厳禁です。