ダイエットで体重の数値に一喜一憂する必要はない

ダイエットで体重の数値に一喜一憂する必要はない

ダイエットと言うと、まず何を思い浮かべるでしょうか。大抵が体重を落とすこと、太った見た目から痩せた見た目へ変わることを想像すると思います。特に女性は、一度くらいはダイエットを考えたり、実行したことがあるのではないでしょうか。今より痩せれば綺麗になれるというのはあながち間違っていませんが、一歩間違えると痩せるどころか不健康へ繋がってしまい、良くない結果を招いてしまいます。

 

まず、ダイエットが見た目を細くしたり、痩せたりするという認識が一般的ですが、それは間違っていません。ですが、ダイエットは健康的な身体になるという意味で、かなりの痩せ型の人が健康的になるために太るというのもダイエットになるのです。そして女性に有りがちなのが、とにかく体重さえ軽ければ軽いほど良いという考えです。たしかに体重が軽いと見た目も細くなり、華奢で頼りないような、女性らしい印象を人に与えるかもしれません。

 

ですが、真に美しいということは内面から滲み出るものは当然のこと、身体のバランスも丁度良いようになってこそではないでしょうか。

 

そして健康的にダイエットをするには、過度なカロリー制限、食事制限をするのではなく、出来れば毎日三食栄養バランスを考えて食事を摂り、適度な運動をすることです。急に全部を実行するのは中々難しいので、食事はしているけれど運動をしていないという人は運動をする時間を設けてみましょう。食事のバランスが悪いと感じている人は、まずはそこから見つめ直してみると良いかもしれません。また、運動をしているのに体重が減るどころか増えているなんてこともあるかもしれません。

 

それは筋肉量が増え、脂肪が減ったことでそうなります。筋肉は脂肪よりも思いものなのです。なので、鏡で全身を見てみると、体重が少し増えていたとしても、見た目は結構すっきりしていることでしょう。

 

ダイエットをする上で、体重の数値に一喜一憂する必要はありません。人から見てこうありたいと羨ましがられるようなプロポーションを手に入れましょう。