実はにおっている?悩みの加齢臭の対策

実はにおっている?悩みの加齢臭の対策

私たちは、自分が放つにおいに敏感です。

 

 

口は臭くないかな?汗臭くないかな?とまわりに気を使っています。柔軟剤のさまざまなにおいが売られて、どれにしようか迷うのもにおいに対しての反応ですね。さらに私たちを脅かすのが加齢臭です。年を重ねたら、なんだか独特のにおいで支配されますね。

 

 

しかも、自分の加齢臭がどんなにおいかがわからない、気づかないことがあるから余計厄介です。

 

 

お風呂はいる前に服を脱いで始めて自分のにおいに気づくこともあるくらいです。原因は毛穴や食生活といわれますが・・・できることなら消してしまいたい加齢臭。どうしたらいいのでしょうか?
シャワーで汗を流してもにおいはとれません。シャンプーしてもすぐにおいます。

 

 

そんなときは、まず毛穴掃除です。シャンプーでも最近クレンジングシャンプーといって毛穴の掃除をするシャンプーが出ています。このシャンプーで毛穴に詰まった汚れを取って上げましょう。体もクレンジング石鹸でにおいの元をとりましょう。あまりゴシゴシすると皮膚を傷つけ、化膿したり細菌がはいって皮膚に悪いのでそれだけは気をつけてお手入れしましょう。

 

 

お酒も仕事の後の楽しみですが、アルコールが毛穴からでて匂いを作っていることがあります。アルコールを呑むときは、お肉や揚げ物はなるべく少なくしましょう。アルコールと脂で毛穴からのにおいと毛穴つまりを作ります。

 

 

加齢臭対策に運動もおすすめします。汗をかくと毛穴の汚れやにおいが流されていきます。体の老廃物が外に出ていいものが体に残るイメージですね。運動は筋力をつけ、新陳代謝の促進にもつながります。やって損はありません。まずはウォーキングからでもジムで専門の方に知識をもらいながらでもいいので運動をおすすめします。

 

 

私たちの食生活は欧米化して肉食が中心です。どうしても脂が多くなり、年とともに代謝の低下していくところににおいとして残ってしまいます。まずは、日本本来の食事を意識することも大事ですね。

 

 

加齢臭をすぐに消したい!ときは香水や柔軟剤などのにおいでごまかすしかありませんが、同時に食事や運動、シャンプーなどでにおいの元を改善していきましょう。